CCMC2015 Acousmonium-Live音源

どうにも更新を怠りがちですが既におわりましたがアクースモニウム作品の音源をアップしたのでw。
DIYもネタありながら放置ですが進展はいろいろあるのでぼちぼちアップします。

2015 3/1 アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュで行われたCCMC2015 Concert diffusé par l’orchestre des haut-parleurs / Acousmonium-Liveで上演した拙作「I Dream of Wires パッチケーブルは電圧の夢を見るか」をsoundcloudにアップしました。

基本モジュラーシンセで即興演奏して編集したものですが、以下詳細。

大きく2つのパートで使用モジュールが変わります。
最初のほうのパーカッシブなサウンドは Music thing Modular Mikrophonie
というピエゾマイクモジュールで実際にパッチケーブルをさす音やボタンやつまみの音をMutable Instruments Clouds
に入力したもので後半のシンセサウンドやノイズぽいのは Trogotronic m679 をcloudsに入力したサウンドです。

ランダムジュネレータやLFOでモジュレートしたりgateやtrigger sequencerでタイミングを作ったりもしてます。
cloudsはグラニューラル シンセシス モードのみ使用しました。

アクースモニウムは多スピーカで完成した音源をミキサーのフェーダでライブでコントロールするので、ミックスは低音を25Hz low shelvingでカット、高音もコンサート用に40kHz以上をブーストしているので、ちょっと耳に優しくないミックスかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です